不老会のあゆみ

西 暦 日 付 出来事
1961年 昭和36年6月 久野庄太郎は愛知用水の工事で犠牲となられた56名の霊を弔うため、用水沿線各地より土を集めて水利観音500体をつくり、ご恩になった方々に配りました。
 名古屋大学学長勝沼精蔵先生のところにお邪魔した時に苦しい胸のうちを申し上げたところ、解剖用遺体の不足を教えられ、自らの遺体を献体登録することを即座に決意し(昭和36年7月13日 登録第1号)安心立命を得ることができました。
 その後家族や用水の同志に熱心に働きかけ、その輪を拡げて行きました。これが不老会の始めとなりました。
1962年 昭和37年1月21日 遺体献納の同志120名が愛知県中小企業センターに集まり、不老会の発会式を挙行(久野庄太郎 会長に就任、会員265名)いわば不老0年である。
提携大学は名古屋大学医学部以後、昭和47年まで春季総会と秋季総会・追悼法要を開催
1965年 昭和40年9月 会員1,000名となり、愛知県文化センターに於いて記念総会を開催
(献体者 101名)
1966年 昭和41年3月1日 「不老会だより」を発行(以後毎月)
1967年 昭和42年1月 不老会創立5周年
昭和42年9月 三重大学医学部と提携を開始
1968年 昭和43年4月4 篤志解剖懇談会に出席。(於長崎大学医学部)
昭和43年11月4日 名古屋市立大学医学部と提携を開始
昭和43年12月14日 愛知学院大学歯学部と提携を開始
1970年 昭和45年3月 篤志解剖大会に出席。(於岡山大学医学部・久野、林、飯島、山田)
昭和45年5月 会員2,000名となり、桜花会館で記念総会を開催。(献体者305名)
1971年 昭和46年2月5日 「不老会だより」を引き継ぎ、機関紙「不老」を発行
昭和46年3月 篤志解剖全国連合会が結成され、久野庄太郎が会長に就任
1972年 昭和47年1月 不老会創立10周年
昭和47年6月28日 財団法人不老会の設立が認可され、久野庄太郎が初代理事長に就任
(事務所を理事長宅内の愛水館に置く)
昭和47年10月30日 会員3,000名突破記念総会を熱田神宮文化殿で開催。角膜提供を開始
(杉田眼科、献眼者21名)(成願者=献体者500名)
1974年 昭和49年5月18日 名古屋保健衛生大学医学部(現藤田保健衛生大学)提携を開始
昭和49年6月 2日 会員4,000名突破記念総会を熱田神宮文化殿で開催
(成願者660名、献眼者60名)
昭和49年9月17日 第1回献体者慰霊祭を行う(以後毎年)
1975年 昭和50年11月15日 会員5,000名突破記念総会を熱田神宮で開催。
各市町村に地区を結成(成願者860名)
1976年 昭和51年3月1日 愛知県眼衛生教会(アイバンク)の事業が開始され、以後ここに献眼を実施
昭和51年3月7日 第2回献体者慰霊祭を行う
1977年 昭和52年1月 不老会創立15周年
昭和52年3月13日 第3回献体者慰霊祭を行う
昭和52年11月5日 役員会で献体者の「慰霊塔」建立の話題が提起される
(その後曲折を経て「献体の塔」と命名)
昭和52年9月6日 会員6,000名突破記念総会を東別院青少年会館で開催
(成願者1,075名)
1978年 昭和53年3月14日 第4回献体者慰霊祭を行う
昭和53年7月1日 愛知医科大学医学部と提携を開始
1979年 昭和54年3月10日 第5回献体者慰霊祭を行う
昭和54年6月16日 会員7,000名突破記念総会を東別院青少年会館で開催
昭和54年8月27日 事務所を理事長宅の愛水館より名古屋商工会議所ビル内に移転
1980年 昭和55年3月8日 第6回献体者慰霊祭を行う
昭和55年10月27日 会員8,000名突破記念総会を名古屋商工会議所2階ホールで開き街頭パレードを実施
1981年 昭和56年3月7日 第7回献体者慰霊祭を行う。
1982年 昭和57年1月 不老会創立20周年
昭和57年2月5日 会員9,000名突破記念・不老会設立20周年記念号を発行
昭和57年3月6日 第8回献体者慰霊祭
昭和57年6月8日 「献体の塔」建立奉賛会設立総会を開催
昭和57年8月7日 「献体の塔」建立計画を発表。街頭パレードを実施
(成願者2,208名、献眼者783名)(以後会員のつどいの開催で代替)
1983年 昭和58年3月5日 第9回献体者慰霊祭を行う
昭和58年6月15日 三重大学医学部との提携解消
1984年 昭和59年3月5日 第10回献体者慰霊祭を行う
昭和59年5月11日 「献体の塔」起工式を行い、建設に着工
(会員10,446名、成願者2,418名、献眼者878名)
1985年 昭和60年4月11日 高松宮殿下同妃両殿下の御台臨をいただき、「献体の塔」竣工式並びに献体者感謝式を 開催。月刊「不老」、「献体の塔」竣工記念特集号を発行
(会員10,729名、成願者2,628名、献眼者965名)
昭和60年5月16日 第1回献体者感謝式並びに御名札納め式を行う。
(以後毎年5月中旬に実施)(59年第10回までは献体者慰霊祭と称していたが、献体の塔完成に伴い慰霊祭を感謝式に変更し、回数も御名札納め式に合わせて今回より起算した。)
昭和60年9月20日 「献体の塔」建立奉賛会解散式を開催
1986年 昭和61年5月7日 第1回「献体の塔」清掃作業実施。
(以後、52地区を6ブロックに分けて、年間6回の清掃を実施)
昭和61年5月16日 第2回献体者感謝式並びに御名札納め式を行う
1987年 昭和62年1月 不老会創立25周年
昭和62年5月1日 合同役員会にて不老会員の増強について決議
昭和62年5月11日 第3回献体者感謝式並びに御名札納め式を行う
1988年 昭和63年3月29
~30日
篤志解剖全国連合会第18階総会(当番校名古屋市立大学医学部)を賛助
昭和63年5月12日 第4回献体者感謝式並びに御名札納め式を行う
1989年 平成元年5月12日 第15回献体者顕彰式並びに第5回御名札納め式を行う
(感謝式を顕彰式と改め、回数は最初の慰霊祭からの通算とした)
1990年 平成2年5月10日 第16回献体者顕彰式並びに第6回御名札納め式を行う
1991年 平成3年5月14日 第17回献体者顕彰式並びに第7回御名札納め式を行う
1992年 平成4年1月 不老会創立30周年
平成4年5月14日 第18回献体者顕彰式並びに第8回御名札納め式に併せて不老会設立
30周年記念式典を開催
(会員14,351名、成願者4,247名、献眼者1,468名)
1993年 平成5年5月18日 第19回献体者顕彰式並びに第9回御名札納め式を行う
1994年 平成6年5月11日 第20回献体者顕彰式並びに第10回御名札納め式を行う
1995年 平成7年5月10日 第21回献体者顕彰式並びに第11回御名札納め式を行う
1996年 平成8年5月8日 第22回献体者顕彰式並びに第12回御名札納め式を行う
平成8年5月29日 濵島辰雄が第2代理事長に就任。前理事長久野庄太郎を名誉理事長に推載
1997年 平成9年1月 不老会創立35周年
平成9年3月24
~25日
篤志解剖全国連合会第27回総会(当番校愛知医科大学)を賛助
平成9年4月8日 名誉理事長久野庄太郎様ご成願(名古屋大学に献体)
平成9年5月15日 第23回献体者顕彰式並びに第13回御名札納め式を行う
平成9年6月5日 月刊「不老」(平成9年6月号)名誉理事長故久野庄太郎様追悼特集号を発行
平成9年8月23日 「久野庄太郎を偲ぶ会」を、農村同志会、愛知用水土地改良区、名古屋南部臨海企業連絡協議会、愛知県冷熱利用協議会等、9団体と共催にて熱田神宮会館にて開催
1998年 平成10年5月7日 第24回献体者顕彰式並びに第14回御名札納め式を行う
1999年 平成11年5月18日 第25回献体者顕彰式並びに第15回御名札納め式を行う
2000年 平成12年5月15日 第26回献体者顕彰式並びに第16回御名札納め式を行う
2001年 平成13年4月1日 ホームページ開設
平成13年5月14日 第27回献体者顕彰式並びに第17回御名札納め式を行う
平成13年5月26日 竹内弘が第3代理事長に就任。前理事長濵島辰雄を名誉理事長に推載
2002年 平成14年1月 不老会創立40周年
平成14年5月17日 第28回献体者顕彰式並びに第18回御名札納め式を行う
2003年 平成15年5月16日 第29回献体者顕彰式並びに第19回御名札納め式を行う
2004年 平成16年5月18日 第30回献体者顕彰式並びに第20回御名札納め式を行う
平成16年7月29日 小田悦雄が第4代理事長に就任。前理事長竹内弘を常任顧問に推載、竹内弘は「不老会創立40周年記念事業推進委員会」委員長に就任
2005年 平成17年3月5日 常任顧問竹内弘様ご成願(名古屋大学に献体)
平成17年4月26日 (財)不老会40周年記念誌「愛知用水と不老会」濵島辰雄編著完成記念出版披露パーティを開催
(会員18,869名、成願者7,050名、献体者2,290名)
平成17年5月18日 第31回献体者顕彰式並びに第21回御名札納め式を行う
2006年 平成18年5月24日 第32回献体者顕彰式並びに第22回御名札納め式を行う
平成18年8月21日 文部科学省より「特定公益増進法人」に認定される
2007年 平成19年1月30日 不老会創立45周年 記念事業「いきいき人生の集い」を開催
(記念講演 日野原重明先生 名古屋市公会堂)
平成19年5月18日 第33回献体者顕彰式並びに第23回御名札納め式を行う
平成19年11月9日 会員20,000名突破
2008年 平成20年5月13日 第34回献体者顕彰式並びに第24回御名札納め式を行う
2009年 平成21年5月14日 第35回献体者顕彰式並びに第25回御名札納め式を行う
2010年 平成22年5月18日 第36回献体者顕彰式並びに第26回御名札納め式を行う
2011年 平成23年5月17日 第37回献体者顕彰式並びに第27回御名札納め式を行う
平成23年11月15日 不老会創立50周年 記念事業
「明日の医療の発展を願って」~医療と献体~を開催
(中京大学市民文化会館 オーロラホール
第1部 記念講演 帯津良一先生  第2部 ミニコンサート 坂入姉妹)
平成23年12月13日 不老会創立50周年記念 モニュメント を献体の塔前庭に建立、除幕式挙行
2012年 平成24年4月1日 (旧)財団法人 不老会から(新)公益財団法人 不老会へ移行 愛知県認可
(累計登録会員 21,810 生存会員 7,000 献体者 8,666 献眼者 2,997)
平成24年 5月17日 北村直哉が第5代理事長に就任
前理事長小田悦雄は在任期間8年と貢献大
ページの先頭へ戻る