入会方法

入会までの流れ

  • 1.申込書類【 請求 】

    不老会へお電話ください。
    (052-203-4580)※ご本人様が直接不老会事務所にお越しいただける場合は、入会説明後、直接申込書類をお渡しいたします。

    詳しくはこちら
  • 2.申込書類【 返送 】

    必要事項をご記入の上、不老会事務所までご返送ください。申込書が届き次第、入会審査会にて入会の可否を決定いたします。

    詳しくはこちら
  • 3.会員登録のご連絡

    本部にて会員登録が終わりますと、会員証や連絡用カード等の書類を揃えてご自宅へ郵送します。

    詳しくはこちら

入会前に知っておくこと

(1)入会しても、見返りは何もありません。無条件、無報酬の会です。不老会は、『ただ医学の進歩、誰かの幸せのためお役に立ちたい』という会です。
(2)原則として入会年齢は60歳以上、親族4名の同意が必要です。亡くなった時、ひとりでも反対の方が居られると献体は出来ません。
献体の趣旨と、ご自分の気持ちを時間をかけてしっかりご家族(またはご親族)に説明し、気持ちよく同意をいただいて下さい。

(3)献体されたご遺体は丁寧に保管され、2~3年後に解剖された後、火葬してご遺骨をお返しいたします。ご遺骨は 原則としてお受け取りいただくことになっています。
(4)病院で病理解剖をされたご遺体は献体できません。また死亡時に、危険な感染症(たとえば肝炎、エイズ、結核、新型インフルエンザなど)にかかっている場合や事故死、変死などの場合は、献体はできません。
ただ事故死の場合は、損傷の程度によって献体できる場合もありますので、至急登録大学にお問い合わせください。

申込書類の請求

献体の主旨を理解し、献体登録を希望される方は(原則60歳以上)ご本人が直接不老会事務所にお出でくださるか又は下記へお電話をください。(052-203-4580)
入会説明を受けてご納得がゆきましたら、所定の入会申込書の用紙をお受け取りください。(お電話の方には郵送いたします。)
申込書受付後、入会審査会で入会の可否を決定し、ご連絡いたします。


入会登録制限について

※会員数の増加に伴い、保管施設や返還時期等で苦慮する状況が見られるようになったため入会登録に制限を設けることとなりました。
予定数を超えた場合、次年度まで入会をお待ちいただくことになります。

入会申込書の書き方

入会申込書は同意書欄に、ご家族またはご親族の同意者4人にしっかり説明し、ご理解を得た後にそれぞれ署名捺印を戴い下さい。

会員登録のご連絡(郵送書類)

(1)本部にて会員登録が終わりますと、下記の書類を揃えてご自宅へ郵送します。
・ 入会申込書(コピー)
・ 会員証
・ 連絡用カード (連絡用カードのサンプルはこちら

(2)上記の書類が届きましたら、連絡用カードに記載してある「会員番号」「献体登録大学名」「献体登録大学の電話番号」などをご家族、ご親族によくお話しておいて下さい。
また連絡用カードは、よく目立つ場所に掲示し、万一の場合すぐ連絡できるようにしておいてください。

(3)ご成願(死亡)の場合、すぐ手続きがとれるように身近の方々に(入院された時は医療機関の担当医師または看護師に)不老会員であることを前もって知らせ、お願いしておいて下さい。

ふだんの生活

入会後の生活は不老会に入会したからと言って特別変わるわけではありません。不老長寿、健康にお過ごし下さい。
不老会の動向については、機関紙『不老』に掲載します。
転居された時は事務局(TEL 052-203-4580/FAX 052-253-7123)に必ず連絡して下さい。 ご連絡がないと、『不老』やその他の案内が、届かなくなります。
行事としては本部の献体者顕彰式並びに御名札納め式、地区の会員のつどい、および地区集会、献体大学の総会と慰霊祭等への参加などがありますが、参加を強制するものではありません。

家族・親族・隣人、に知らせておくこと

家族・親族の同意を得た上での入会ですから、成願=死亡時の対応については、家族・親族は分かってくれているとお思いでしょうが、現実は本人ほど真剣に考えているわけではありません。
日頃から再三繰り返して具体的にお願いしておかないと、献体できずに終わってしまう可能性があります。これは本当に勿体なく残念なことです。
また、スムーズな献体と献眼のためには、身近な人たちに不老会の献体の趣旨について知っておいていただくことが大切です。特に献眼は、原則6時間以内という時間との勝負です。折角の尊い志を無駄にしないよう平素から心がけましょう。
特に独り暮しの方は、近所の親しい方に、もしもの時の連絡先と合わせて、献体する時のことを、お願いしておいて下さい。

献体を確実にするために、大判で見易く、傷みにくいラミネート処理をした連絡用カードをお渡ししています。誰でもすぐわかるところに掲示しておいてください。

ページの先頭へ戻る